広がる毛髪の寄付 子どもの医療用ウィッグに

LINEで送る
Pocket

髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に協力する小林さん

病気や事故で髪の毛の悩みを持つ18歳以下の子どもたちに医療用ウィッグ(かつら)を無償提供するため、自分の髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」が広がりをみせている。諏訪地方でも協力する美容室や住民が増加している。大阪のNPO法人が取り組む活動で、患者の頭に合わせ、好きな髪型に仕上げる。ウィッグ1体には、31センチ以上の毛髪が約30人分必要という。

諏訪市武津の美容室「ヘアコンポーザー・ビーム(後藤吉久代表)」は、顧客からの問い合わせで昨年6月に賛同美容室に登録。これまで十数人の寄付を受け、活動を支援している。大型連休前には、同市湖南小学校4年の小林花好(9)さんが来店。3年間で60センチほどに伸びたさらさらの髪束を提供した。

花好さんは、新学期になり髪の長い友達がカットすると聞き、自分も15~20センチ切る、と母親の暁子さんに伝えた。暁子さんは2年前に一緒にテレビ番組で見たヘアドネーションのことを思い出し、「せっかくだから」と毛髪の寄付を勧めた。髪が無くなる病気のことなどを話し合い、花好さんは「やってみる」と決心。同店で支援していることを知り、後藤さんとのカウンセリングで、カット後の長さなどに納得して来店した。背中まで伸びた髪の毛を五つに束ね、うち3束を寄付用にカット。肩にかかるほどの長さでスタイリングした。

カットした花好さんは、「軽くなって、気に入った」とはにかみ、「自分だったら(髪が無いと)悲しいと思うので、役に立てて良かった。また伸びたら寄付したい」と笑顔で話した。

暁子さんも1束カットし「髪を切ることでいろいろな話をして、貴重な体験ができた。まだ小さい子どもと思っていたが、大人になり成長を実感した」と話し、役に立てたことを喜んだ。

同店では小学生や10代からの提供は初めて。後藤代表は「ウイッグを使う同世代の子どももうれしいと思う。喜んでもらえて良かった」と話していた。

ヘアドネーションのカット料金などの問い合わせは同店(電話0266・57・0090)か、行きつけの美容室へ。

おすすめ情報

PAGE TOP