熱戦に沸く 諏訪地方14小学校運動会

LINEで送る
Pocket

腕をつかみ合って激しい攻防を繰り広げた女子騎馬戦=岡谷市神明小

諏訪地方の14小学校で3日、運動会が行われた。青空が広がる好天に恵まれ、子どもたちはかけっこや大玉送り、綱引きなどの競技で練習の成果を披露。大きな歓声を響かせながら、グラウンドを駆け回った。

岡谷市の神明小では、近くの旧岡谷小の閉校に伴って統合2年目の運動会。児童433人と教員が「一人ひとりが主役 咲きほこれ 487の花」をテーマに掲げ、赤組と白組に分かれて対戦した。4~6年生女子による騎馬戦では「いくぞー」「おー」と気勢を上げて出陣。腕をつかみ合って激しい攻防を繰り広げ、見守る保護者や地域住民らを沸かせた。

騎馬戦で赤組の大将を務めた6年の中西麻緒さん(11)は「作戦を立てて練習したかいがあり、勝ち点につながった。最後の運動会で、友達と一番うれしい思い出ができた」と笑顔を見せた。

おすすめ情報

PAGE TOP