2016年3月30日付

LINEで送る
Pocket

すっかり春めいた陽気とともに県内にも桜前線が迫ってきた。もう数日もすると、県南から開花の便りが届くことだろう。春は本格的なスポーツシーズンの到来でもある。もっぱら見る専門になって久しいが、今年はぜひ実現したいことがある▼実現などと大仰な言い方をするのは情けないが、生来のずく無しと言うか出不精なので個人的には思い切ったことだと思う。何をしたいかと言えば、女子サッカーのなでしこリーグ1部に昇格したAC長野パルセイロのホームゲームを観戦することだ▼と言っても、チームのユニホームを着て声を枯らして応援する熱心なサポーターになるような人間じゃないことは自覚している。ただ純粋に試合を生で見て、選手一人ひとりの動きを追いたいと思うようになった。テレビ観戦ではどうしても、ボールを中心とした範囲に限られてしまう▼きっかけは、なでしこジャパンがリオ五輪の出場権を逃したことだ。結果は残念だが、これから代表選手の本格的な世代交代が始まることは確実だ。新たにどの選手が代表になってくるか、自分の目で見て確認していきたい―そう思った▼先の予選で次代を担う選手として頭角を現した横山久美選手がいる長野パルセイロが昇格し、県内で1部リーグの試合を見ることができるようになった機会を生かしたい。同じような思いを持っている人がいると心強いのだが、どうだろうか。

おすすめ情報

PAGE TOP