諏訪実高文化祭 服飾科ファッションショー

LINEで送る
Pocket

自作の衣装でランウェイをさっそうと歩き、ポーズを決める諏訪実高服飾科3年生

諏訪実業高校の第60回科ノ葉祭は7日、校内祭で開幕し、服飾科3年生のファッションショーがオープニングを飾った。「鱗」をテーマに31人が自作した衣装を2着ずつ発表。学習で培ったデザインや縫製の技能を華やかに披露し、全校の拍手喝采を浴びた。

衣装のイメージやデザインごとに2~9人の15グループで登場した。ドレスや和装、民族衣装などで個性豊かに表現し、ランウェイをさっそうと歩いてポーズを決めた。

チーフの春日葉月さんは「きょうのショーに満足することなく、次の目標の学習成果発表会(来年1月)に向け頑張りたい」と意欲的に話した。

8日の一般公開(午前10時30分~午後3時30分)では、午後1時30分からファッションショーを開く。

おすすめ情報

PAGE TOP