高札にお触れ 22日、飯島お陣屋あんどん市

LINEで送る
Pocket

飯島陣屋前に高札を立てる実行委員会メンバー

飯島町のJR飯田線飯島駅前広小路にあんどんを並べて江戸風情を楽しむ祭り「第24回お陣屋あんどん市」は22日午後2時30分から行う。実行委員会(小林哲雄委員長)は、開催を予告する高札を飯島陣屋や町役場前など町内17カ所に立て、祭りをPRしている。

高札立ては、あんどん市の開催日時や場所を江戸風に宣伝しようと、昔行われた法令公示の方式である高札を活用した慣例行事。実行委内の組織で「町触れ」と呼ばれる担当者が、高さ2メートルほどある高札を町内の公民館や道の駅、金融機関などに設置した。

今年は恒例の代官行列や大型時代劇、おみこしのほか、鼓笛隊や和太鼓などによる音楽演奏パフォーマンスや湯澤かよこさんのコンサート、じゃんけん大会、宝投げなどを繰り広げる。JA上伊那飯島支所では納涼俳句大会(長野日報社など後援)もある。

「世話掛名主」こと小林実行委員長(57)は「今年も盛りだくさんの企画を用意しているので、夕涼みを兼ねて多くの人に参加してほしい」と話している。問い合わせは、小林実行委員長(電話0265・86・2266)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP