2016年4月1日付

LINEで送る
Pocket

きょう4月1日は「エープリルフール」の日。うそを言ってもよい日とされ、何となく手ごろなうそを思い巡らせてしまう日でもある。もちろんうそはつかない方がよい。だが、誰も傷つけず、結果として上質な笑いにつながるのであれば、たまには良いだろう▼空を飛ぶペンギンを発見-。2008年、英国放送協会(BBC)がエープリルフールに流したニュース。数十羽のペンギンが、短い翼を羽ばたかせ、大空へと飛び立っていく映像が”精巧なうそ”とわかっても、むしろユーモアセンスの斬新さに感心したものだ▼さて4月を前に、重く暗い気分にさせた安全保障関連法施行のニュース。国際平和支援法など「平和」の文字はやたら目立つが、任務には大きな危険が伴い平和とはほど遠い。憲法の平和主義がなし崩しになり、かつての好戦的な国へと逆戻りしないか不安が募る▼その好戦性がたたり、世界で唯一の被爆国となった日本。にもかかわらず、戦後10年を経ずして原発建設にまい進した。平和利用がうたい文句とされてはいたものの、福島県の現状を見れば、何をか言わんや-だ▼情勢は教訓とすべきを教訓にできないばかりか、「平和」というまやかしで、負の歴史を後戻りしているように思えてならない。平和の文字を現実とするためにも、安保関連法も周到に準備されたエープリルフールのジョークであってほしいと願うばかりだ。

おすすめ情報

PAGE TOP