主演に増田有華さん 諏訪ご当地映画第2弾

LINEで送る
Pocket

諏訪地域出身の歌手や俳優らでつくる「信州諏訪ご当地映画製作委員会」が2018年3月の公開を目指す第2弾映画の主要キャストが決まった。主役は元AKB48のメンバーで歌手・女優の増田有華さん。諏訪市出身の俳優渋江譲二さんらも出演する。8月5日午後1時からは高校生ら学生向けに映画作りについて知ってもらう座談会を下諏訪向陽高校で開く。

製作委によると、タイトルは未定だが、「諏訪地域を主な舞台に笑いと感動があり、ミステリーの要素を入れたロードムービー」に仕上げる。人気上昇中のアイドルグループ「ボーイズ・アンド・メン」の勇翔さん=上高井郡高山村出身=らも出演する。

新作は10月から撮影を始め、地元の観光スポットや食なども盛り込む予定。下諏訪町出身でタレント・歌手のGendy(ゲンディ、本名源田泰章)さん=長野市=が製作総指揮を務め、芥川賞を受賞した小説「火花」を題材にしたテレビドラマの脚本構成を手掛けた中村元樹さんが脚本、映画監督の菅原達郎さんが監督を担当する。

5日の座談会にはGendyさんや渋江さん、菅原監督らが出演し、作品を作ることや演じることの意義などを語る。座談会を機会に映画出演者を募りたいとしている。

高校生や保護者は自由に参加できる。一般での参加希望者は製作委のメール(Shinshu.eiga.sanka@gmail.com)で申し込む。

おすすめ情報

PAGE TOP