小田切行雄氏が死去 元宮田村長・県議9期

LINEで送る
Pocket

13日死去した元県議会議員で元宮田村長の小田切行雄氏

元県議会議員で元宮田村長の小田切行雄(こたぎり・ゆきお)氏が13日午後3時28分、宮田村内の老人福祉施設で死去した。103歳。飯島町出身。自宅は宮田村302(北割)。葬儀は17日午後1時から駒ケ根市東町4の10のグレース虹のホール駒ケ根で、小田切家と宮田村との合同葬で行う。喪主は長男英雄(ひでお)氏、葬儀委員長は小田切康彦宮田村長。

明治大学商学部を卒業後、高校教員を経て宮田村役場に入庁。収入役、助役を経て、1962年から宮田村長を3期務めた。67年の県議選に上伊那郡区から立候補。以来9期連続、いずれもトップ当選を果たした。88~89年は県議会副議長を務めた。

長い合併論議を経て、事実上宮田村が自律を決めた直後の村長選に初当選。村の活性化を目指し、観光振興や産業振興などに力を尽くした。県議に転じた後は、重鎮として県議会運営に大きな役割を果たした。2002年9月、当時の田中康夫知事に対する不信任案に賛成した責任を取って県議を辞職。引退前は88歳で全国2位の高齢議員だった。

03年には勲三等旭日中綬章を受章。宮田村長、県議時代を通じて、呼ばれたら作業着姿ですぐに現場に駆けつける姿は、「長靴のこたさ」と住民に親しまれた。

おすすめ情報

PAGE TOP