熊本地震で被災 平成音大支援コンサート

LINEで送る
Pocket

母校音大再建支援に向け1曲ずつ心のこもった演奏をする五味さん(右)と小林さん

昨年4月の熊本地震で校舎が被災した平成音楽大学(熊本県御船町)の再建を支援するコンサート「熊本に繋ごう音楽の輪」が21日昼と夜の2回、諏訪市湖岸通りの元喫茶店シャモニーで開かれた。同大卒業生の会社員五味正典さん(30)=ユーフォニアム、茅野市中河原=と、中学時代の同級生で公務員の小林昇平さん(30)=ピアノ、同市金沢=が企画。開催を前に2人は同大を訪ねて厳しい現状を目の当たりにし、「一日も早い復興を願う」と1曲ごと心を込めて演奏した。

支援コンサートはこれまで3回開き、今後の活動を模索する中で「現地に行って自分たちの目で確かめたい」と9月中旬、同大御船キャンパスに向かった。4階建ての教室棟や図書館棟など建物の半分がなくなっている母校に、五味さんは「言葉も出なかった」という。

コンサート昼の部には子どもやその親らが訪れ、「ミッキーマウスマーチ」「となりのトトロ」などを演奏、体を揺らしながら口ずさむ人もいた。合間には熊本などで撮影した写真を回覧した。五味さんは「被災地に行ってあらためて支援の必要性を実感、息の長い活動を続けていく思いをより強くした」と話している。収益金は義援金に充てる。

おすすめ情報

PAGE TOP