飯田線のリニア乗り換え新駅 候補地案を提示

LINEで送る
Pocket

県と上下伊那3市、広域連合でつくるリニア中央新幹線に関わる伊那谷自治体会議は13日、伊那市の県伊那合同庁舎で開いた。飯田市のリニア県駅近くに計画するJR飯田線の乗り換え新駅(飯田線新駅)について、同市が具体的な候補地案を提示。自治体会議はJR東海に対して正式に協議を求めていくことを承認した。年度内に協議を申し入れる方針だ。

飯田市が示したのは、リニア県駅構内のコンコースから北西約300メートルの上郷、座光寺境で、伊那上郷駅-元善光寺間に位置する。市はリニア県駅からの道筋が比較的平たんで、移転家屋も生じないなどと選定理由を挙げた。

牧野光朗市長は、地元が費用負担する「請願駅」として「リニア駅の開設までに整備できるよう提案していきたい」と説明。概算事業費は新駅建設を5~6億円、移動経路への雨除け屋根などの設置費を2億円と見込んだ。

飯田線新駅は、住民の利便性を高めたり、観光客を呼び込んだりするために不可欠として上伊那側も要望してきた経緯があり、駒ケ根市の杉本幸治市長は「飯田市の提案に感謝している」とした。

JR東海への申し入れを経て自治体会議は、国庫補助の活用や費用負担のあり方、飯田線活性化策について検討を重ねる考え。リニア県駅と離れた地域の関係者からは「リニアへの関心がまだ高まっておらず、費用負担への住民理解に心配はある」との意見も出た。

県はこの日の会議で、リニア県駅を利用した観光客らの伊那谷各地への移動(二次交通)について、既存の「道の駅」や飯田線の主要駅を「地域の交通結節点」にしてリニア県駅と結び、各結節点と周辺目的地をつなぐ交通体系の整備を提案した。

結節点として例示したのは飯田線の駒ケ根、伊那市、辰野の各駅や、伊那市長谷、飯島町にある3カ所の道の駅など。待合場所や休憩施設が備わるこうした拠点にハブ機能を持たせて、駒ケ根高原、大芝高原・高遠城址公園・伊那西部といった目的地を結ぶ案を示した。昼神温泉などには直行便も必要とした。

おすすめ情報

PAGE TOP