スキー楽しい 駒ケ根高原で小学生教室

LINEで送る
Pocket

指導者と一緒に緩斜面を滑る小学生たち

駒ケ根市の駒ケ根スキークラブは24日、「いなん小学生スキー・スノーボード教室」を同市の駒ケ根高原スキー場で開いた。上伊那南部地域の児童30人が参加。初級から上級までのレベルに応じて9グループに分かれ、滑走の上達に向けて練習に励んだ。

全日本スキー連盟公認の指導者らが基礎と応用を教える恒例の教室。 スキー初心者クラスでは緩斜面で立ち方、止まり方を習った後、ボーゲンで少しずつ滑りを楽しんだ。

指導者の林英之さん(40)は「スキーの板とお友達になり、できるだけ下を見ず、進む方向に顔を向けると上手に滑れる」などとアドバイス。スキー初挑戦という宮田村宮田小1年の大西真由ちゃん(6)は「少しずつ長く滑れるようになり楽しい」と笑顔を見せた。

おすすめ情報

PAGE TOP