サンタが自転車で 諏訪湖周ぐるっと

LINEで送る
Pocket

訪問先にプレゼントを渡すサンタライドの参加者

サンタクロース姿で自転車に乗り、プレゼントを届ける「サンタライド」が24日、諏訪湖周地域であり、10人が30キロ近い距離を走行し、依頼者の大切な人に気持ちと贈り物を渡した。

自転車を活用して諏訪地域を盛り上げようと活動している小口良平さん(37)=岡谷市山手町=と小口正史さん(27)=下諏訪町立町=が企画した。クリスマスの思い出づくりにしてもらおうと、プレゼントを届けたい人、届けてほしい人を募った。

届けたのは10人で新潟県や名古屋市からの参加者もいた。サンタクロースやトナカイの格好で「メリークリスマス」と書かれたプレートなどで装飾された自転車に乗り、下諏訪町の友之町駐車場をスタート。岡谷市、諏訪市と諏訪湖畔を巡り、1周後に最後の訪問先の岡谷市今井に向かった。計5カ所に合わせて11個のプレゼントを届けた。

最初の依頼主は下諏訪町上馬場の宮澤正輝さん(47)。妻と2人の子どもへのプレゼントを配達してもらった。文房具などの贈り物を受け取った那埜ちゃん(4)はサンタたちの到着に大はしゃぎ。受け取る際は恥ずかしそうにしていたが、「家族に良かったね」と声を掛けられると、笑顔を見せていた。宮澤さんは「家族にとって思い出に残るすてきなクリスマスになったと思う」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP