諏訪大社下社筒粥神事 世の中「三分五厘」

LINEで送る
Pocket

下諏訪町の諏訪大社下社春宮で14日夜から行われていた「筒粥(つつがゆ)神事」は15日早朝、釜で炊き上げたヨシを割って今年の世相と農作物の豊凶を占った。五分を満点とする世の中は、「三分五厘」で昨年より一厘下がった。農作物は43品目のうちリンゴなど20品目が「上」、餅など8品目が「下」だった。

大社によると、筒への粥の入りは昨年よりばらつきが多く、「きれいにお粥になっている筒もあれば、隣の筒に米粒が残っていて上等でない状態もあった」とし、「今年前半はよくない。注意が必要」と促した。作況は「急な災害や天候不順に注意し、手間暇かければ最終的にはいい実りをいただける」とした。

神事は午前5時から幣拝殿で始まり、神職が炊き上げた44本のヨシの茎を1本ずつ小刀で割り、粥の入り具合から占った。氏子らは厳しい寒さに震えながらも神職の言葉に聞き入り、結果を記した目録を受け取った。

おすすめ情報

PAGE TOP