五輪会場の熱気伝える 茅野市役所に写真展示

LINEで送る
Pocket

茅野市役所ロビーに設けられた小平選手応援ツアー展示コーナー

茅野市観光協会は21日、平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した地元出身の小平奈緒選手(相沢病院)の応援ツアー報告を兼ねた展示を市役所ロビーで始めた。競技会場の熱気が伝わる写真や応援グッズなどを飾り、訪れた人々が偉業をたたえ、感動の余韻に浸っている。3月末まで。

ツアーは同協会が発案し、旅行会社が企画、実施した。18日の500メートルのレースを観戦、応援する2泊3日で行った。諏訪地方を中心に60人が参加。同市の柳平千代一市長を団長とする応援団を結成し、現地で熱い声援を送った。

展示したのは、国旗を振りながら声援を送る応援団などの写真12点をはじめ、現地で活躍したメッセージ入り応援旗やピンクのオリジナルタオルなど。平昌冬季五輪の公式マスコット「スホラン」の人形も並ぶ。

病院の帰りに立ち寄った東谷勝彦さん(75)、明子さん夫妻=北杜市小淵沢町=は「庁舎の壁の大きな懸垂幕も写真に撮らせてもらった。レース後の立ち振る舞いやインタビューを見て一気にファンになりました。素晴らしい選手ですね」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP