駒ケ岳スマートIC あす開通

LINEで送る
Pocket

駒ケ岳スマートI.Cと主要I.C間の料金表

駒ケ根市の中央道駒ケ岳サービスエリア(SA)に整備していた駒ケ岳スマートインターチェンジ(IC)の工事が終了し、17日午後3時に開通する。県内の高速道路では6カ所目、県内中央道では2カ所目の供用開始。伊南地域の新たな玄関口として、企業誘致や観光振興などの整備効果が期待されている。

駒ケ岳スマートICは上下線に整備された24時間運用の自動料金収受システム(ETC)専用のIC。上り線側は市道南割中田切線に、下り線側は市道琴ケ沢線に接続され、1日当たりの利用台数は上下線合わせて1600台を見込んでいる。

設置場所は中央道の駒ケ根ICから3・3キロ、松川ICから12・1キロの距離。企業誘致に有利な半径5キロ圏内には市や飯島町の工業用地があり、新たな企業進出や産業活性化に向けた期待は大きい。

このほか駒ケ根高原をはじめとする駒ケ根IC周辺の地域と合わせた周遊型観光の形成や同IC周辺道路の混雑緩和といった整備効果も期待される。総事業費は当初段階で約15億4000万円。接続道路などを整備した市は、その後の工事増加分を含め約2億3800万円を負担した。

駒ケ岳スマートIC地区協議会(会長・杉本幸治駒ケ根市長)は同日午前11時から、スマートIC上り線入り口で開通式を開催。関係者が参列し、供用開始を祝う。開通に先立ち、駒ケ根観光協会は午前10時から、上下線の駒ケ岳SAでオープニングイベントを行い、市内飲食店で利用できるクーポン付きのチラシなどを配布する。

おすすめ情報

PAGE TOP