阿弥陀岳で滑落3人死亡 関西の山岳会

LINEで送る
Pocket

茅野市内の緊急ヘリポートに降りた県警ヘリから、救助された滑落者を運び出そうとする救急隊員ら=25日午後2時8分ごろ

25日午前8時30分ごろ、八ケ岳連峰阿弥陀岳(2805メートル)の南稜付近で、男女7人の登山者が滑落したと、目撃した別の登山者から警察に通報があった。県警ヘリが全員を救助したが、意識不明で発見された男女3人の死亡が確認された。7人は関西方面の山岳会パーティー。

茅野署によると、死亡したのは、神戸市の会社員亀石安央さん(48)、京都市のアルバイト従業員山下貴久子さん(39)、兵庫県伊丹市の建築士中澤恒雄さん(63)。3人はいずれも窒息死という。同署は滑落時の状況などについて調べている。

ほかの4人は、大阪府吹田市の会社員宇野聖さん(47)が左足の骨を折る重傷のもよう。大阪市の自営業男性(56)、滋賀県草津市の会社員男性(44)、大阪府八尾市の会社員女性(40)は打撲などでいずれも軽傷を負った。

同署によると、一行は24日朝、1泊2日の日程で原村の舟山十字路から入山し、南稜上でテント泊した。25日に阿弥陀岳に向かってP3と呼ばれる地点(約2600メートル)を登っている途中、西側斜面下に7人とも約300メートル滑落した。滑落場所付近は雪に覆われていたという。発見時、7人とも近くにいたが、意識不明の3人は雪に埋もれ、体の一部が雪から見える状態だったという。

県警山岳遭難救助隊が県警ヘリで救助に向かい、午前10時30分ごろから負傷した4人を救助。その後、午後2時20分ごろまでに意識不明の3人を救助し、諏訪地方の病院に搬送したが死亡が確認された。

7人のうち4人が搬送された茅野市の諏訪中央病院では対応に当たった医師が、軽傷者の一人と話した内容について説明した。「7人は滑落当時、全員がザイルでつながっていた。事故当時、先頭の人が足を滑らせて最初に落ちた。全員ヘルメットをかぶっていた」と話していたという。

また、病院側は、入院した男性負傷者について、「亡くなった方がいることを聞いて、大変申し訳なく思う。気持ちの整理が付いたところで必要があればお話をさせていただきたい」と話していることを明らかにした。

おすすめ情報

PAGE TOP