満開「高遠城址」初の週末 花見客ぎっしり

LINEで送る
Pocket

満開宣言が出てから初の週末を迎え、大勢の観桜客でにぎわう高遠城址公園

伊那市高遠町の高遠城址公園は7日、約1500本あるタカトオコヒガンザクラの満開宣言が出されてから初の週末を迎え、大勢の観桜客でにぎわいを見せた。

撮影スポットとして人気が高い桜雲橋は、花見客でぎっしりとなる場面も。正午すぎには園内の至る所にシートが広がった。小学3年の孫を連れて夫婦で訪れた長和町の宮下栄一さん(67)。「桜の季節に訪れるのは一昨年以来になりますが、花の色の濃さはやはりすごい」と語り、赤みの強い花の美しさとそのボリュームに圧倒されていた。

この日の伊那の最高気温は日付が変わった直後に観測した15・1度。日中は10度前後にとどまり、ジャンパーを着て散策する人も目立った。

6日の強風で花びらが舞い散ったものの、桜守の稲邊謙次郎さんは「満開になって間もなかったため、影響は最小限に抑えられたと思う。しっかりと花は付いている」。気温が落ち着いたことは歓迎し「あと1週間は見頃が続いてほしい」と願っていた。

7日は伊那市役所と公園を往復するシャトルバスを運行した。8日も走らせる。

おすすめ情報

PAGE TOP