原田泰治さんと交流 美術館20周年感謝デー

LINEで送る
Pocket

原田泰治美術館が企画した「開館20周年特別感謝デー」で原田さんと記念撮影する来館者

諏訪市の原田泰治美術館で10日、「開館20周年特別感謝デー」と題した交流イベントがあった。これまで美術館を支えたファンや来館者を画家原田泰治さんが出迎え、サインに応じたり、記念撮影をしたりして、交流した。

20周年記念事業の一環。原田さんは1階ロビーで来館者を出迎えた。作品集などにサインしたほか、握手や記念撮影をして、ファンとの触れ合いを楽しんでいた。

千葉県から訪れた74歳の女性はこれまでに何回も来館したといい、「ここは私の癒やしの場所。原田さんの絵を見ると心が落ち着く」と頬を緩ませた。「今日はたまたま来たら(原田さんに)会えたのでうれしい。本当に大きな旅になった」と話していた。

原田さんは「地元の方のほかに遠くから見えられた方もいて、とても良かった」と話し、「(感謝デーは)今日が始まり。これからまだまだ続くので、いろいろな方とお話ができれば」と今後の交流を心待ちにしていた。

原田さんの来館日は13、17、20、24、27日。いずれも午前11時~午後3時。時間内であれば、常時館内にいる。

事前申し込みは不要。入場料は大人820円、中高生410円、小学生200円、障がい者(大人)410円。

問い合わせは同館(電話0266・54・1881)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP