桜と青空 蓼科の春 聖光寺で祭り

LINEで送る
Pocket

蓼科観光協会の「桜まつり」に合わせて満開を迎えた聖光寺のソメイヨシノ

桜の名所、茅野市北山の蓼科山聖光寺で22日、蓼科観光協会主催の「蓼科温泉さくらまつり」が開かれた。境内に植わる約400本のソメイヨシノは例年より10日ほど早く満開を迎えた。地元や県内外から大勢が来場し、標高1200メートルの青空に映える桜をめで、祭りの振る舞いなどを楽しんだ。

まつりは例年大型連休最終日に行っていたが、同日市内で開いたモータースポーツイベントに併せて日程を早めた。振る舞いの豚汁は約1500食を用意。花見団子や大福などの販売も人気を集めた。奉納殿では同寺婦人部が着物姿で抹茶の接待を行った。

市内の70歳前後の主婦8人グループは「桜もちょうど満開で、天気も良く最高」と話し、持ち寄った手料理で花見を満喫。同協会の荻原芳一会長は「ライトアップもしているので夜桜も楽しんで」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP