下社お舟祭り打ち合わせ会 曳行日程など確認

LINEで送る
Pocket

8月1日のお舟祭りについて打ち合わせをする関係者

下諏訪町で8月1日に行われる諏訪大社下社の夏の遷座祭お舟祭りに向けた打ち合わせ会が19日、下社秋宮参集殿であった。今年の御頭郷を務める同町と岡谷市長地の各区や警察消防、町お舟祭り実行委員会などから関係者約90人が出席。お舟の曳行(えいこう)スケジュールや安全対策などを確かめた。

スケジュールは、当日午後2時すぎに木やりの第一声で春宮を出発。3時までに「春宮大門」の信号機に到着し、魁町を経由して5時に大社通りを曳行する。5時半までに秋宮鳥居内に引き込み、7時までに全ての行事を終了させる。

警備は、お舟の周辺を下諏訪町消防団、引き綱と危険箇所、雑踏を岡谷市消防団が担当する。柴舟に乗るのは大社が用意したたすきを着用した20人の氏子と、白い衣装の人形保存会員の6人に限る。

町お舟祭り実行委員会は前日の宵祭りにパレードなど、当日の本祭りでは友之町駐車場でステージイベントを開く。大社は春宮近くの下馬橋に入る観光客がいたら注意するよう呼び掛けた。

北島和孝宮司は「明るいうちに終えるルールを守らないとお祭りを守っていけない」と協力を求めた。下諏訪大総代の平林國夫会長は「安心安全を第一に楽しいお祭りにしたい」と抱負を話した。

おすすめ情報

PAGE TOP