梶の葉に願い事 高島城で七夕イベント

LINEで送る
Pocket

願い事を書いた梶の葉形の短冊をササ竹に結ぶ来館者=諏訪市の高島城

諏訪市の高島城で23日から、七夕にちなんだ催し「梶の葉さらさら」が始まった。高島藩主諏訪家の家紋「梶の葉」をかたどった5色の短冊に来館者が願い事を書き、天守閣入り口に飾られたササ竹4本に結んでいる。7月7日まで。

初日は県内外の家族や友人連れの人たちなどが訪れ、「健康に過ごせますように」「元気で大きくなりますように」などの言葉を紫や赤、緑、白、黄の短冊に書き入れた。還暦祝いで富山県黒部市から友人らと訪れた竹久美子さんは「家内安全」と書き、「なかなかできない体験ができました」と喜んだ。

季節行事を楽しんでほしいと8年目。城内には天の川に見立てた5色の布を飾り、七夕の由来や京都の歌道の名門「冷泉家」に現在も伝わる行事など七夕と梶の葉の関係を紹介している。

7月7日には実際の梶の葉に願い事を書くことができる。後日、短冊や葉は諏訪市の手長神社でたき上げる。

時間は午前9時~午後5時30分(入館は午後5時まで)。入館料は高校生以上300円、小中学生150円。

おすすめ情報

PAGE TOP