上諏訪地区奉賛会・下諏訪町木遣保存会 木やりでエール交換

LINEで送る
Pocket

目の前に整列した下諏訪町木遣保存会に向けて、木やりでエールを送る上諏訪地区奉賛会木遣委員会

目の前に整列した下諏訪町木遣保存会に向けて、木やりでエールを送る上諏訪地区奉賛会木遣委員会

諏訪市の上諏訪地区奉賛会木遣委員会と、下諏訪町木遣保存会が、諏訪大社下社秋宮境内でエールを交換する場面があった。秋宮一の建て御柱の作業の最中、奥の場所に建てる秋宮四が通過するタイミングを捉え、お互い頑張ろう―との願いを込めて交互に木やりをした。

秋宮一の建て御柱に向け準備を進めていた上諏訪地区は、下諏訪町全町が曳行する秋宮四が通過する際、一時作業の手を休めて見送った。その場で、同委員会と同保存会が向き合って整列。「秋一の皆様お願いだ」と同保存会の会員が最初に声を響かせると、同委員会の木やり衆が、「秋四の皆様お願いだ」と返した。

「下社の全ての御柱が立派に建ってほしい、との思いを込めて木やりをした」と同保存会の小松直人会長。同委員会の保科英明委員長も「日頃から交流のある仲間。これからも木やりで切磋琢磨していきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP