熱帯魚涼しげ 大芝の湯「ミニ水族館」

LINEで送る
Pocket

大芝の湯のロビーに設置された水槽の中の熱帯魚に見入る来場者ら

南箕輪村大芝高原内の温泉施設「大芝の湯」は、企画展「子供ミニ水族館」を開いている。ロビーの一角にお目見えした水槽の中で涼しげに泳ぎ回る熱帯魚の姿が、来場者の目を楽しませている。

来場者に涼しい気分を味わってもらうため、夏季限定サービスを展開する「氷キーン祭り」の一環。子どもたちに喜んでもらおうと、昨年に続いて企画した。

約20平方メートルのスペースに、円柱型など大小さまざまな水槽を設置。熱帯魚や金魚など30種300匹以上が泳ぎ回り、愛らしい姿を見せている。色鮮やかな魚体を躍らせながら群泳するネオンテトラ、頭にこぶのあるユニークなオランダなどが人気。アニメ映画でおなじみのカクレクマノミを見つけて、かぶりつくように見入る子どもの姿も。好評のため、9月下旬まで延長する。

氷キーン祭りでは、ブルーハワイ風呂を提供するほか、全国から集めた特色ある地サイダーを販売している。問い合わせは大芝の湯(電話0265・76・2614)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP