諏訪市の駅前公共スペース 名称決まる

LINEで送る
Pocket

駅前公共スペースの名称を発表する金子ゆかり市長=諏訪市議場

諏訪市の金子ゆかり市長は3日の市議会9月定例会代表質問で、JR上諏訪駅前開発で建設中の商業棟「アーク諏訪」3階に市が設置する公共スペースの名称を「諏訪市駅前交流テラスすわっチャオ」に決めたと発表した。牛山智明氏(創生すわ)の代表質問に答えた。

名称は公募で市内外36人から69点が寄せられ、1次選考と一般投票を踏まえ、同スペース運営検討委員会は一般投票で1位になった「すわてらす」、2位の「すわっチャオ」の2点に絞り込み、市が最終決定した。

市によると、アーク諏訪にに隣接してマリモ(広島市)が建設するマンション名が「ポレスター上諏訪駅前テラス」であることや近隣で「○○テラス」と名付けた建物が増えていることから、同スペースがピンポイントで特定できる名称にしたいと、絞られた2点を合体させたような名称にした。言葉の軽やかさやリズムといった観点も含め「すわっチャオ」を採用した。

同スペースは来年5月に開所する予定。金子市長は「名前に親しみ、愛着を持ってもらい、たくさんの人が集う場所になれば」と述べた。

市は答弁で3階建てのアーク諏訪全体の8月末時点の進捗率は45・2%と説明し、「おおむね順調に進んでいる」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP