旬を満喫ブドウ狩り みはらしファーム

LINEで送る
Pocket

みはらしぶどう園で楽しそうにブドウ狩りをする親子

伊那市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファーム「みはらしぶどう園」で、人気のブドウ狩りが始まった。県内外から大勢の人が訪れて旬の味を楽しみ、「すごく甘い。おいしい」と喜んでいる。

10月28日まで近隣農家6戸が均等に受け入れる。13種類を栽培する小池知志さんの農園では、皮ごと食べられるナガノパープルのほか、サニールージュ、ノースレッドなどが食べ頃に。特にサニールージュは糖度が乗り「子どもや女性に一番人気」という。

午前9時~午後4時(入園は3時まで)。1時間食べ放題(大粒種は1人1房まで)で、料金は小学生以上1200円、3歳以上600円。事前に同ファーム(電話0265・74・1820)へ予約する。

「日照りが続いたが、定期的にかん水をし、糖度の高いおいしいブドウができた」と受け入れ農家の1人で生産組合長の高橋姿さん。「10月末までブドウ狩りができる所は全国的にも少ない。高地の風を浴びながら、おいしいブドウを楽しんでください」と来園を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP