上伊那産の稲わら 大相撲の土俵に

LINEで送る
Pocket

納品に向け「こも」の仕上がりを確認する酒井さん

上伊那産の稲わらを使ったわら細工を製作、販売する飯島町の合同会社「南信州米俵保存会」が、大相撲で使用される俵作りに携わることになった。日本相撲協会に土俵用の資材を納入する東京都の業者から依頼を受けたもので、俵に仕上げる前の「こも」の状態で納品。上伊那産の俵は年6回の本場所をはじめ各地の巡業や相撲部屋の土俵にも使用される予定といい、11月の九州場所から採用される見通しだ。

本場所の土俵に使用される俵は直径4・5メートルの円形に並ぶ「勝負俵」16俵や東西南北に設置する「徳俵」4俵、円の外側にある「角俵」28俵など合わせて66俵。稲わらを縦36センチ、幅120センチの長方形に編んだ「こも」に、呼び出しが土や砂を詰めて俵に仕上げている。

「こも」は東京の業者から委託を受ける県外の会社が製作してきたが、職人の高齢化や後継者不足により継続が困難な状況になっていたという。業者側で新たな作り手を探していたところ、飯島町内で開かれる「米俵マラソン」用に大量の米俵を納品している同保存会の実績が買われ、7月に製作の打診があった。

土俵用の俵には伊那谷に伝わる古代米「白毛もち米」の稲わらを使用する。米俵マラソンの発案者で保存会代表社員の酒井裕司さん(43)によると「普通の稲より丈が長く、しなやかで丈夫なのが特徴」といい、上伊那地域で「白毛もち米」を栽培する上伊那農民組合(南箕輪村)や農事組合法人田原(伊那市)の協力を得て製作に着手した。呼び出しによる試作品の検査では品質にお墨付きを得ており、生産が軌道に乗れば「こも」の状態で年間約5500枚の需要が見込まれるという。

「米俵の技術を受け継ぐ活動が国技を支える取り組みにつながった。こんな名誉なことはない」と酒井さん。「地域おこしにつながるような大きなプロジェクトにしていきたい。白星の白と粘り強さの験担ぎで白毛もちを使った特産品の可能性も広がる」と大相撲を通じた地域振興にも期待を寄せている。

おすすめ情報

PAGE TOP