特殊詐欺に注意 駒ケ根署管内に啓発ポスター

LINEで送る
Pocket

特殊詐欺への注意を呼び掛けるため、駒ケ根警察署が掲示しているポスター

駒ケ根署は、全国地域安全運動(11~20日)に合せて、特殊詐欺への注意を促すポスターを伊南4市町村に掲示している。同署管内では初めての取り組み。金融機関やコンビニエンスストア、スーパーマーケットなど、多くの人が出入りする施設に約200枚を貼り出す予定だ。

同署管内では不審電話などの特殊詐欺の前兆事案認知件数は120件(9月末現在)を記録しており、そのうち約96%が架空請求詐欺とみられる。ポスターには架空請求詐欺の狙いや手口を掲載しており、請求先に連絡しないよう注意を求めている。

同署生活安全刑事課は「『連絡なき場合は法的手続きに移行します』などと書かれたメールやはがきが届いたらほぼ間違いなく特殊詐欺。請求先には電話せず、家族や警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP