総合優勝者に「金貨」 諏訪湖マラソン

LINEで送る
Pocket

第30回諏訪湖マラソンで男女の総合優勝者と50歳代の部1位に贈られる「ウイーン金貨ハーモニー1オンス」

田中貴金属グループを統括するTANAKAホールディングス(東京)は、28日に諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーを発着点に開かれる第30回諏訪湖マラソンに協賛し、「ウィーン金貨ハーモニー1オンス」を提供する。4枚で、男女の総合優勝者と50歳代の部1位に1枚ずつ贈る。光り輝く4枚が15日までに、グループ会社の田中貴金属工業の特約店のヤマザキ本店(諏訪市諏訪1)に届いた。

諏訪湖マラソンに出場する市民ランナーを応援するとともに、同金貨や特約店をPRする機会にと同金貨を提供。2010~12年に続いて今年、30回目の節目を記念して特別に協賛した。

同金貨はオーストリア造幣局が発行する純度99・99%の地金型金貨。直径37ミリ、厚さ2ミリ、重さ約31グラム。デザインはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフに、表面に同楽団本拠地の楽友協会にあるパイプオルガンを採用し、裏面にウィンナホルンやハープ、チェロなど6種類の管弦楽器を描いている。

最高水準の品質や気品あるデザインに加え、安定した資産としての価値も高く、世界中にファンが広がる金貨。小売価格は約16万円という。

大会では「TANAKAホールディングス賞」として、ヤマザキの味沢平専務が同金貨を授与する。

おすすめ情報

PAGE TOP