あなたの走りを号外に 諏訪湖マラソン記念

LINEで送る
Pocket

「ラン太GOGOGO(号)外」の見本を手にする関係者

28日に諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーを主会場に開かれる第30回諏訪湖マラソンに合わせ、長野日報社は出場者のレース中の個人写真と記録を盛り込んだ号外新聞「ラン太GOGOGO(号)外」を製作し、希望者に有料で販売する。長野日報などの新聞と同じブランケット判2ページで見出しや本文にも本人の名前が載る。大会終了後の11月2日から受け付ける。

諏訪湖マラソンの思い出を形として残してもらおうと企画した。1面に載せる画像は、スポーツ写真サイト「オールスポーツコミュニティ」からゼッケン番号などで自分の写真を検索して決める。掲載される記録はゼッケン番号、氏名、種目、記録(グロスタイムとネットタイム)、総合順位、年代部門別順位。裏面にはコースマップや当日の様子を写した写真を掲載する。販売価格は2580円(税込み)、2枚目以降は2080円(同)で申込手数料として別途205円。

個人写真を掲載せず、報道写真でつくる号外も申し込める。個人写真なしの場合は見出しに名前が掲載されないが、本文や記録、裏面のコースマップ、当日の様子は載る。販売価格は1080円(同)、2枚目以降は580円(同)で手数料205円。注文はスマートフォンまたはパソコンで申し込みサイトにアクセスして行う。受け付けの締め切りは11月25日まで。

諏訪湖マラソン大会実行委員会事務局の金子新・局長は「自分が輝いた瞬間を掲載した世界で一つの新聞を出場記念として、永久保存版として手元に置いてほしい」と話している。問い合わせは同事務局(電話0266・52・8665)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP