スーパーあずさE353系 ローレル賞受賞

LINEで送る
Pocket

松本駅で開いた「ローレル賞」の授賞式でくす玉を割る関係者と、新型E353系の「スーパーあずさ」

全国の鉄道愛好者でつくる「鉄道友の会」(本部・東京都)が優れた新車両に贈る「ローレル賞」に、JR東日本の特急列車「スーパーあずさ」のE353系が選ばれた。3日、松本市のJR松本駅で授賞式が行われ、関係者約40人がホームでくす玉を割るなどして祝った。

E353系は1993年12月に導入されたE351系の後継車両として、昨年12月23日からJR中央線の松本│新宿駅間で運行を開始した。最新技術を生かし、速度を維持しつつ、車体の傾きや揺れを緩和したのが特徴だ。

鉄道友の会では、鉄道車両の進歩発展に貢献するため、毎年優れた新車両にブルーリボン賞(最優秀)、ローレル賞(優秀)を選び、たたえている。授賞式で同会の久保敏副会長は「東京から山を駆け登って松本まで来るので、強力な登坂能力と快適な走行性能が必要な車両。これからも多くのお客さまを運び喜ばれることを期待している」とあいさつ。

JR長野支社の伊藤悦郎支社長は「この車両はデビューしたばかりだが、これからいろいろな形で進化、発展していく。これからもしっかり列車の運行に努めていく」と話し、受賞を感謝した。

関係者がくす玉を割り、正午発の新宿行き「スーパーあずさ16号」を手を振り見送った。

おすすめ情報

PAGE TOP