福求め大宝投げ盛況 JA上伊那本所でまつり

LINEで送る
Pocket

名物の「大宝投げ」で福を求めて手を伸ばす来場者=JA上伊那本所

伊那市狐島のJA上伊那本所で10日、第23回「JA上伊那まつり」が2日間の日程で始まった。呼び物の「大宝投げ」は大盛況で、会場を埋め尽くした人は「こっちに投げてー」と、福を求めて懸命に手を伸ばした。

御子柴茂樹組合長や同市出身のタレント成美さんらが“福の神”となって特設ステージへ。「たくさん福を受け取ってください」(成美さん)と呼び掛け、景品番号が書かれた小判や菓子を次々と投げていった。

景品の中にはサッカーJ2松本山雅FCの選手のサイン入りユニホームや新巻鮭、福袋も。同JAはチームの公式スポンサーで、マスコットのガンズくんも福の神になって盛り上げに一役買った。

11日も午前9時~午後4時に開く。大宝投げは午前10時と午後3時半から。ステージでは伊那北高の吹奏楽部やダンス部の発表、仮面ライダージオウショーなどがある。

おすすめ情報

PAGE TOP