夏山シーズン安全祈願 宮田高原で開山式

LINEで送る
Pocket

宮田村観光協会(山田益会長)は1日、中央アルプス駒ケ岳・宮田高原開山式を同村新田の村文化会館駐車場で開いた。関係者約70人が出席。中アを仰ぎ見ながらの神事で安全を祈願し、夏山シーズンの幕開けを告げた。

信州梅が里宮田太鼓の勇壮な演奏に続いて開いた式では、出席した各団体・機関の代表者が玉串を奉納した。山田会長は「山や高原にますます多くの人に来てもらうため、星降る夏の夜空を観光資源として売り出したい」とあいさつ。小田切康彦村長は「今年の中央アルプスは雪が少なく登りやすくなっているが、安全第一を願う。宮田高原はもうすぐレンゲツツジが咲き誇るので、多くの人に訪れてほしい」と期待した。

宮田観光開発が運営する駒ケ岳の宝剣山荘は4月8日から営業を始めており、天狗荘と頂上山荘は7月1日から営業する。宮田高原キャンプ場は7月1日にオープンする予定。村は今年、レンゲツツジの開花に合わせて高原に続く寺沢林道の開通を早め、4月下旬から開放している。

おすすめ情報

PAGE TOP