17日にどんぐり販売 伊那養護学校高等部

LINEで送る
Pocket

製品販売会に向けて人気製品「カーゴ」や牛乳パックの封筒などを作る手工芸班

県伊那養護学校(伊那市)高等部は17日、恒例の製品販売会「どんぐり販売」を、ベルシャイン伊那店とベルシャイン駒ケ根店、イオン箕輪店の3会場で行う。木工品や陶芸品、手工芸品など、生徒110人が作業学習で制作した品を販売。使い手のことを考えたアイデア製品や新製品もある。今年も大勢の人に買い求めてほしいと、接客、販売の練習も重ねている。

手工芸班は、クラフトテープを編み込んで仕上げる収納かご「カーゴ」を制作。市販の収納ボックスにきっちり納まるように設計しており、毎年人気を集める。牛乳パックから作る封筒やのし袋の種類も豊富だ。

縫製班の一押しは、両面の柄が異なるリバーシブルのお弁当袋で、袋を開けばランチョンマットにもなる。陶芸班は急須や徳利、一輪挿し、カップなどを用意。釉薬で美しい色を出し、1点1点表情が異なるのも魅力だ。木工班のいすは売り切れ必至。農園芸班は「ポップコーンの種」などを販売する。

ベルシャイン伊那店では薪班による石焼き芋の販売があり、同店とイオン箕輪店には中の原分教室(南箕輪村)も出店する。

3会場のいずれも午前10時~午後3時半。午前中に限り生徒たちが店頭に立つ。同校は「販売会を通して、当校や作業学習への理解も深めていただけたら」としている。問い合わせは高等部(電話0265・72・2895)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP