色鮮やかスイレン 井戸尻史跡公園

LINEで送る
Pocket

井戸尻史跡公園の池で咲き始めた色鮮やかなスイレン

井戸尻史跡公園の池で咲き始めた色鮮やかなスイレン

富士見町境の井戸尻史跡公園の池でピンクや白色、黄色のスイレンの花が咲き始め、花を楽しむ人たちが訪れている。

井戸尻考古館によると、7月にかけて花の数が増え見頃を迎える。午前10時~午後3時ごろに開花。雨や曇りの日は花の色彩が鮮やかに見え風情があるという。人気が高い古代ハスの「大賀ハス」は7月中旬に見頃を迎えそう。

同史跡公園は、町教育委員会が曽利遺跡と井戸尻遺跡を含む一帯約2万3000平方メートルを整備。1995年から周辺の休耕田を取得し、スイレンやハスなどの水生植物を中心に植栽し遺跡の景観保全をしている。

おすすめ情報

PAGE TOP