レンゲツツジ広がる「朱」 霧ケ峰

LINEで送る
Pocket

レンゲツツジの朱色の花が広がる霧ケ峰=11日午前、伊那丸富士見台

レンゲツツジの朱色の花が広がる霧ケ峰=11日午前、伊那丸富士見台

諏訪、茅野、下諏訪の3市町にまたがる霧ケ峰で、レンゲツツジの朱色の花が広がり始めている。花やつぼみの数は例年より少ないが、「草原の緑とのコントラストがきれい」とハイカー。県霧ケ峰自然保護センターによると、この先1週間が見頃という。

11日午前の霧ケ峰は天気も良く、花目当ての観光客でにぎわった。伊那丸富士見台の群落を訪れた東京都世田谷区の京須和恵さん(67)は「この時期に毎年来ます。花はやや寂しいですが、草原の緑に青空があって遠目から眺めると本当に美しい」とうっとりしていた。

センターによると、株を保護する雪が少なく花芽に影響が出た可能性があるが、「所々に花をたくさん付けた株もある。出合いを楽しみに初夏の高原を散策してください」と話している。霧ケ峰は約1カ月後、ニッコウキスゲの黄色い花の季節を迎える。

おすすめ情報

PAGE TOP