市民の声で市政運営 諏訪市が満足度調査

LINEで送る
Pocket

諏訪市が今月から市民3000人対象に行う満足度調査の調査票

諏訪市は1日から、無作為抽出の市民3000人を対象に施策の満足度や重要度を尋ねる「市民満足度調査」を行う。昨年度から選挙権年齢に合わせて18歳以上を対象にしており、市民の意見を市政運営に反映させる。調査票発送は4月下旬に済ませた。

満足度調査は、第5次総合計画(2012~21年度)の進行管理の外部評価に位置付けて毎年実施している。今年度は、後期基本計画(17~21年度)2年目となる18年度の施策について、子育て支援や地域福祉、観光など39施策の満足度と重要度を1~5の数値で尋ねる。施策全体を総合評価する「総合満足度」の項目もある。

質問の記述は施策の内容にも触れており、市企画政策課は「市の事業を知ってもらう機会にもなれば」としている。結果は市議会9月定例会で公表する予定。

調査票に同封の封筒で5月15日までに返送する。豊田、四賀、中洲、湖南の各公民館、市役所、市公民館に置く回収箱に入れることもできる。「諏訪市 電子申請」で検索してインターネットによる回答が可能。問い合わせは市企画政策課(電話0266・52・4141、内線322)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP