しんきんライフプランセンターがオープン

LINEで送る
Pocket

しんきんライフプランセンター」のオープンを祝いテープカットをする関係者

諏訪信用金庫(岡谷市)は12日、投資信託などの相談を専門に取り扱う「しんきんライフプランセンター」(坪田陽子センター長)を諏訪市のJR上諏訪駅前の商業ビル「アーク諏訪」2階にオープンさせた。県内金融機関で、専門業務のみで拠点を開くのは同センターが初という。

同センターは平日のほか、年末年始を除く土、日、祝日も営業する。時間は午前10時30分~午後6時30分。7人のマネーアドバイザーが在籍し、職員は全員女性。投資信託や保険関連について案内する相談窓口のみに特化し、預貯金業務などは行わない。

常駐は2人で、それ以外の職員は顧客先に出向いたり、各支店で対応したりする。センター内にはテーブルや椅子などを配置し、広さは約40平方メートル。

同センター前で開いたオープニングセレモニーには約80人の関係者が参加。テープカットでオープンを祝った。今井誠理事長は「ここの運営に全力を傾注して、地域の皆さんのためにお役に立てるよう今まで以上に強く取り組んでいく」とあいさつ。坪田センター長は「どんな方にも活用しやすいセンターとなっているので気軽にお越しください」と呼び掛けた。

アーク諏訪を建設した諏訪駅前開発の井口恒雄社長は「大いに利用していただき、このアーク諏訪が市民のよりどころになれば」と期待した。

問い合わせは同センター(フリーダイヤル0120・173・943)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP