「高原野菜グルメサミット」始まる 富士見

LINEで送る
Pocket

「高原野菜グルメサミット」をPRする富士見町のレストラン

富士見町のご当地グルメとして、町内飲食店や菓子店が高原野菜を使ったオリジナルメニューを提供するイベント「高原野菜グルメサミット」(町、町観光協会主催)が今年も始まった。期間は9月末までで22店舗が参加している。

夏の観光シーズンに合わせて食の魅力で集客を図ろうと今年7年目の催し。和洋食や洋菓子などの各店が野菜などのおいしさを引き出す独自の調理方法やメニューに腕を振るい提供している。メニューは、揚げびたしした旬の野菜を盛り付けたぶっかけそば、赤い色をした同町特産野菜のルバーブのゼリーを合わせ、色彩が鮮やかなプリン、ミニトマトをふんだんに乗せたタルト、軟らかく煮込んだキャベツでご飯を包んだカレー、野菜たっぷりの海鮮ラーメンなど。

洋食飯屋は、トマトやズッキーニ、ナス、セロリといった夏野菜をふんだんに使ったスパゲティを提供。オーナーの小林光義さんは「毎年注文してくれるお客さんもいる。旬の夏野菜をぜひ味わってほしい」と話している。

参加店と料理を紹介した冊子を各店と町観光案内所、町役場などに置いてPR。参加3店舗を訪れると応募できるスタンプラリーも行っており、抽選で町特産品セットや参加店で利用できる食事券(2000円分)をプレゼントする。今年はスマートフォンを利用して参加店舗情報を調べたり、スタンプラリーへの応募もできるようにした。

問い合わせは町産業課(電話0266・62・9342)か町観光協会(同0266・62・5757)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP