八ケ岳マルシェ原村10周年 こだわりの出品

LINEで送る
Pocket

農産物や加工品、雑貨など多様な手作り品が並んだ八ケ岳マルシェ

花苗や野菜、加工品、手作り雑貨などを集めた「八ケ岳マルシェ原村」(同実行委員会主催)の今季第1回が16日、原村の八ケ岳自然文化園で開かれた。天候を考慮し、室内に場所を移して開催。諏訪地方や山梨県北杜市などから24店舗が出店し、こだわりの品を並べた。

地元農家や作家の交流の場にしようと2010年に始まり、今年で10周年を迎えた。今回から実行委員会制とし、出店者の公募も始めた。紹介制から公募にしたことで新規5店が加わったという。

原村に別荘のある中川敦子さん(40)は「野菜の苗などは地元の農家さんから直接、栽培のアドバイスが聞けてありがたい」と笑顔だった。出店9年目の銀職人、細谷隆さん(57)=北杜市=は「出店者もお客さんも一緒にものづくりを楽しむ場にしたい」と話していた。

まとめ役の皆川枝美さん(38)=茅野市豊平=は「新規のお店が加わったので新しいテイストを楽しんでほしい」と話した。

子どもたちによる「子どもマルシェ」もある。10月までの第3日曜日に開催。小雨決行(雨天中止の場合は、2日前にフェイスブックで知らせる)。午前10時~午後3時。

おすすめ情報

PAGE TOP