ホシスメバでトークイベント 建築家の岡さん

LINEで送る
Pocket

建築中のビルについて語る岡さん

下諏訪町の移住や創業を支援する町施設「ホシスメバ」で23日、建築家の岡啓輔さん(53)=東京都=によるトークイベントがあった。岡さんは都内で鉄筋コンクリートのビル「蟻鱒鳶(アリマストンビ)ル」を自力の作業で建築中。「住まう、生きる」をテーマに話し、町内外から集まった20人余が聞き入った。

「蟻鱒鳶ル」は約40平方メートルの土地を使い、自らが住むために2005年着工。現在も建築を進めており、独創的なデザインと、「200年は持つ」とされる独自のコンクリート工法で知られる。

岡さんはトークで、あらかじめ全体像を決めるのではなく、少しずつ作る部分の設計だけを考えていく進め方を「面白いものができ、素晴らしいと思った」と説明し、「人が作るものだから、折々の考えを加えて生き生きとした建物にしたかった」と強調。長寿命の建物を作ることについては「未来の人のための建築であり、身震いするような仕事」と話した。

「ホシスメバ」に入居しているライターの尹雄大さん(49)が、「住まいを『買う』や『借りる』ではなく、『自分で作る』というのが、改修による利用を考えるホシスメバと共通性がある」と、知り合いの岡さんを招いた。尹さんは「ホシスメバから情報や文化を発信する企画を今後も続けたい」としていた。

おすすめ情報

PAGE TOP