スマホが防災無線に 宮田村で転送システム

LINEで送る
Pocket

スマートフォンを通じて防災行政無線が視聴できる

宮田村は、村の防災行政無線を村民のスマートフォンに瞬時に転送するシステム「地域防災コミュニケーションネットワーク」を導入した。村の災害対策事業の一環で、上伊那地方で初めて採用。無料アプリ「宮田村防災情報SKY―NETWORK(スカイネットワーク)」をダウンロードしたスマートフォンを通じて情報を伝え、災害発生時に住民の迅速な避難や安全確保につなげる。今月中旬から順次、運用している。

村は緊急時の情報発信手段を増やし、住民に確実に情報を知らせようとシステムを導入。インターネット放送システムの開発・販売会社SKY―NETWORK(本社・静岡県)にシステム構築を依頼した。

村は防災行政無線を屋外スピーカーなどで放送し、アドレス登録者の携帯電話やパソコンに各種情報をメール配信している。2007年からは村内の家庭や企業に戸別受信機を無償貸与し、現在、約2600個を貸し出している。

だが、中には、屋外スピーカーの位置や戸別受信機の電波状況によって放送が聞こえづらい家庭もある。システム導入により、放送が届きにくい家庭だけでなく、村外への通勤や買い物、旅行などで家を離れている人にも防災行政無線を知らせることができるようになった。「実家を離れて暮らす人も、家族がいる村の状況を知ることができる」と村総務課は利点を挙げる。

スマートフォンにアプリをダウンロードし、放送開始の通知や音声ガイダンスを受けてアプリを起動すると、横向きに画面が表示される。防災行政無線やJアラート(全国瞬時警報システム)など村で流れている放送や直近に発信した放送を一定時間、視聴できる。村は、屋外で聞きやすいようにゆっくり話す防災行政無線とは別に、システム用に緊迫感のある声で放送を流すことができ、住民の危機意識を高める効果も期待する。

村総務課は「万が一の際、情報の発信手段が多いほど、村民が情報を受け取りやすくなる。村民に数ある受信手段の一つとして利用してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課(電話0265・85・3181)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP