「稲虫おーくりな」 諏訪で豊作願い除蝗祭

LINEで送る
Pocket

稲虫祭りでササ竹の旗を手に水田地帯を歩く南真志野の子どもたち

諏訪市の湖南、豊田地区などの各区で7日早朝、稲の害虫を追い払い豊作を願う「除蝗祭」があった。稲虫祭りと呼ばれる伝統行事。小雨の中、子どもたちが清浄を意味する白い衣装と鉢巻き姿で太鼓や鐘を打ち鳴らし、「稲虫おーくりな(送りな)、諏訪湖におーくりな」とはやし立てながら水田地帯を練り歩いた。

南真志野の習焼神社除蝗祭は、園児と小学生の約70人が参加。有賀寛典宮司が「他地区の虫が入らず豊作になるように大きな声で追い払って」と呼び掛けた。児童たちは虫などの絵で飾ったササ竹の「旗」を1人1本ずつ持ち、隊列を組み田んぼの脇道を歩いた。6年生の藤森大輝君(12)は、「たくさんご飯が食べられるように稲が実ってほしい」と願い、虫追いを楽しんでいた。

同神社によると、稲虫祭りは807(大同2)年の「古語拾遺」に記される全国でも珍しい行事。町内会ごと子どもたちが旗作りや太鼓・鐘の練習をして準備した。

おすすめ情報

PAGE TOP