下諏訪の宝を探せ まち歩きゲーム感覚

LINEで送る
Pocket

「信州しもすわ宝さがし」をPRするパンフレットと参加セット

下諏訪商工会議所と下諏訪観光協会は20日から、下諏訪町内のまち歩きの新企画「信州しもすわ宝さがし」を始める。観光客が町の歴史文化に触れつつ、ゲーム感覚でまち歩きを楽しんでもらうコンセプト。「まちなかのにぎわいにつながれば」と期待する。

観光施設「しもすわ今昔館おいでや」などで販売する参加セット(食べ歩き券付き700円)を購入し、ゲームをスタートする。二次元コードが読み取れるスマートフォンなどを使って挑戦でき、町内の飲食店や土産店などの参加店を訪ねて得た画面に、町の名所を歩いて集めたパスワードを入力すると、「宝物」と呼ぶ答えが得られる仕組み。正解を応募すると、記念品がもらえるほか、下諏訪温泉の宿泊補助券が当たる抽選に参加できる。

正解にたどり着く途中で立ち寄る参加店での人の交流や、町での滞在時間の拡大にも期待している。期間は来年3月末まで。来年度以降も内容の見直しをしながら継続したいという。

同商工会議所観光委員長の藤澤健一さん(58)は「まち歩きする人が増え、地域がにぎやかになるのに役立てば」と話している。問い合わせは同商議所(電話0266・27・8533)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP