災害伝承之碑に防災誓う 豪雨災害から13年

LINEで送る
Pocket

小田井沢川の「災害伝承之碑」を参拝する岡谷市の理事者

岡谷市に甚大な被害をもたらした2006年7月の豪雨災害から13年となる19日、同市の今井竜五市長らは土石流が発生した志平川(川岸)と小田井沢川(湊)にある「災害伝承之碑」を参拝し、防災への誓いを新たにした。同市銀座のレイクウォーク岡谷では非常食を試食する催しも行い、災害への備えを呼び掛けた。

06年の豪雨災害では湊、川岸地区で土石流により8人が犠牲となった。市は災害発生日を「岡谷市防災の日」(7月19日)と定め、災害の教訓と記憶を後世に伝えるとともに、市民の防災意識高揚を図る取り組みを実施している。

この日は市の理事者や危機管理担当の職員ら9人が参加し、災害後に整備が進められたえん堤を視察。両地区の「災害伝承之碑」を参拝し、犠牲者の冥福を祈った。今井市長は「災害の記憶を風化させてはいけない。大きな犠牲の上に得た知識や教訓を生かしながら、後世に伝えていきたい」と話していた。

レイクウォーク岡谷では、各家庭が備蓄する非常食を更新する「非常食を食べる日」の啓発としてアルファ米の試食コーナーを開設。06年豪雨災害のパネルも展示し、防災・減災意識の高揚を図った。20日は市民を対象とした危険渓流の見学会を予定している。

おすすめ情報

PAGE TOP