小津安二郎記念蓼科高原映画祭 9月21日から

LINEで送る
Pocket

日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)が晩年の仕事場にした茅野市で開く「第22回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」の上映スケジュールとゲストが決まった。「小津の精神」を念頭に置いたラインアップで、ゲストに小津作品に出演した山本富士子さんらを迎え、9月21日から9日間にわたって20本の映画を上映する。

作品の内訳は、小津作品が「彼岸花」と「一人息子」の2本。活動弁士と生演奏で楽しむサイレント映画、日本映画監督協会新人賞受賞作品がそれぞれ1本、親子向け2本、市民リクエストと話題作の「みんなで観たい作品」が12本、諏訪エリアロケ作品2本。21~27日は新星劇場で各日2~4本、メインの28、29日は新星劇場と茅野市民館で各日計7、8本を上映する。上映本数は延べ33本となる。

ゲストは28日、デジタル修復された「彼岸花」(58年)に山本富士子さんを迎える。続いて、同映画祭短編映画コンクールで入賞経験もある上田慎一郎監督が「カメラを止めるな!」で登場。29日は「忍びの国」に出演した俳優の小松利昌さんと沖田裕樹さん、「遙かなる山の呼び声」で高倉健さんと共演した倍賞千恵子さんが元小津組プロデューサーで映画祭最高顧問の山内静夫さんと対談する。

このほか、中井貴惠さんの音語り「秋刀魚の味」や、小津監督のおい長井秀行さんの解説、「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督のトーク、サイトウ・メモリアルアンサンブルのコンサートもある。上映会場では期間中、短編映画コンクールの入選全10作品の上映を初めて行い、発掘した若手映像作家の才能を紹介する。

チケットの販売は8月15日から。全プログラムを鑑賞できるフリーパス券は4500円。回数券(4枚つづり)は3000円。1回券は前売り800円、当日1000円(大学生以下は200円引き)。3歳以下無料。市民館や新星劇場、シマダヤ楽器店、今井書店、コンビニエンスストアなどで販売する。

問い合わせは実行委事務局の市観光まちづくり推進課(電話0266・72・2101)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP