全国で「らしさ全開」 諏訪二葉高軽音バンド

LINEで送る
Pocket

諏訪二葉高校の4人組バンド「近日公開」。全国の舞台に向けて練習に励む

諏訪市の諏訪二葉高校現代音楽部の3年生4人組バンド「近日公開」が、21日に東京都で開く第7回全国高校軽音楽コンテスト(全国高校軽音楽連盟主催)に出場する。51チームが出場した第15回県高校軽音楽系クラブ合同演奏会県大会(7月28日、東御市)で最優秀賞(優勝)を獲得し、全国切符をつかんだ。バンドとして大会への参加自体が初めてで、4人は「私たちらしさを全開にして優勝を目指したい」と口をそろえる。

バンドは1年生の12月に結成し、バンド名はインパクトを重視して名付けた。4人はリーダーでドラムの川上真里奈さん(17)=岡谷市=、ギター・ボーカルの清水優衣さん(17)=同市=、ギターの日置恵麻(けいま)さん(17)=諏訪市=、ベースの宮坂一汰(いった)さん(18)=同市=。

清水さんが初めて作詞作曲を手掛けたオリジナル曲「鱗(うろこ)リフレクション」を演奏する。江戸時代を舞台に男女が貧富の差を乗り越えて再会するストーリーを歌詞に乗せ、現代の高校生の悩みや葛藤を重ねて自立していく姿を描いた。

メンバーは他の部活動やバンド、生徒会でも活躍しており、忙しい合間を縫って練習に励んできた。曲の世界観を重視し、演奏時の目線や照明、楽器の弾き方にもこだわる。川上さんは「ステージを全力で楽しみたい」と意気込んでいる。

8日は同校で、PTAのOBでつくる後援会と同窓会、守屋郁男校長が4人に激励金を手渡した。

おすすめ情報

PAGE TOP