お盆は踊って食べて 伊那の通り町商店街

LINEで送る
Pocket

イベントをPRする内山実行委員長(左)と伊那よさこい青龍の小松さん

いなまちのお盆は、盆踊りとよさこいと伊那名物ローメンで―。伊那市の通り町商店街盆踊り実行委員会は15日夜、「いなまち盆踊りとよさこい祭り」を同商店街で開く。同日は近くのセントラルパークで伊那ローメンズクラブが伊那ローメン夏まつりを開催することもあり、踊る、食べるを一体化したイベントにして、街中を活気づける。

通り町商店街のイベントは午後6時30分から。地元のよさこいチーム「伊那よさこい青龍」がオープニングを飾り、子ども縁日などが始まる。伊那節保存会や歌舞劇団「田楽座」による盆踊りは午後7時から。県道南箕輪沢渡線は通り町周辺が午後6時30分~9時30分、歩行者天国となる。

イベントの一体化は初の試みで、「歩行者天国に切り替わってから盆踊りの準備に入るため、これまではすぐにイベントができなかった。よさこいの人たちが協力してくれてありがたい」と内山和夫実行委員長。よさこい青龍の小松恵代表は「盆踊りあってのイベントですが、私たちも街の活性化のお手伝いができればと考えた」と話している。

セントラルパークでは午後4時から、ローメン夏まつりがスタート。今年もパラレルドリームのミニライブやよさこい青龍の演舞、早食い大会などが行われる。子ども(先着100人)を対象にしたビンゴ大会は午後4時30分から。ローメン購入者を対象とした大ビンゴ大会は午後8時30分から行う。

おすすめ情報

PAGE TOP