10月5日おかやフェスタ 多彩イベント

LINEで送る
Pocket

「おかやフェスタ」をPRする実行委員会関係者

岡谷市の中心市街地を会場に多彩な催しを楽しむ「おかやフェスタ」は10月5日午前10時から、同市中央町のイルフプラザ北側駐車場などで開く。一帯の商店街や商業施設が連携し、食、物販、体験、演奏などさまざまなイベントを展開。「寒の土用うなぎ祭り」も同時開催し、岡谷名物のうな丼を123人で一斉に食べて“日本一”の記録を目指す企画を行う。

同駐車場では、楽楽市、うまいもの市、市消費者の会のバザー、姉妹都市の群馬県富岡市、静岡県東伊豆町、岡山県玉野市の物産展などを行う。イルフプラザでは、うまいもの市、「お買い物するなら岡谷!大抽選会」(市商業連合会主催)などを行う。サンリツプラザ岡谷では、ミニSL、段ボール迷路の体験ができる。

ララオカヤでは、抽選会、おかぽんポイント交換会などを実施。ララオカヤお買い物広場では午後4時から、「復活!岡谷エキナカ赤ちょうちん」が開かれ、諏訪地方の地酒の飲み比べ、姉妹都市名産の酒のさかなの販売などがある。

童画館通りは、午前9時から午後3時30分まで歩行者天国となる。「第13回寒の土用うなぎ祭り」(うなぎのまち岡谷の会主催)が行われ、午前10時からミニうな丼300食を900円で販売。午後1時23分からは、“日本一”挑戦企画を行う。

岡谷TMOをはじめ市内各団体でつくる実行委員会主催。今年は公立諏訪東京理科大学の学生3人が実行委に参加し、学生の提案を基に、うな丼の日本一挑戦企画、エキナカ赤ちょうちんの実施につながった。実行委では「大学生が加わって新たな企画もある。秋の1日、岡谷の魅力を知りながら楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP