あす27日 諏訪湖マラソン

LINEで送る
Pocket

諏訪湖マラソンに向けて準備が進む諏訪湖ヨットハーバー

第31回諏訪湖マラソン(県、諏訪地方6市町村、長野日報社で構成する諏訪圏健康推進協議会主催)は27日、諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーを発着点とする日本陸上競技連盟公認のハーフマラソンコース(21・0975キロ)で開く。全国から出場予定の約8000人のランナーを迎える準備が進んでいる。

平成元(1989)年に諏訪湖1周16・7キロのコースで始まった同大会は、湖と山並みの美しい景観、紅葉や沿道からの温かな応援が人気を集め、毎年、多くのランナーを集める諏訪地方の大きなイベントの一つに成長した。31回は令和初の大会となる。

ゲストランナーは、オリンピック男子マラソン2大会連続メダリストのエリック・ワイナイナさん(45)、トレイルラン、スカイランの国内トップランナー吉住友里さん(33)、サッカーJ1リーグ松本山雅FCの元選手小澤修一さん(40)と片山真人さん(35)の4人。参加者と一緒に湖畔を走る。

ランナーの前日受け付けは26日午後1時30分~6時に同市の諏訪湖イベントホール、当日は午前7~9時20分に同ホールで行う。ホール内に手荷物預かりと更衣室を設ける。各駐車場からはシャトルバスを運行する。市体育館はフリースペースとする。開会式は午前8時15分から。10時に一斉スタート。制限時間は3時間。

レース中は選手が通過する時間帯を中心に交通規制が行われる。

おすすめ情報

PAGE TOP