冬彩るシクラメン 原村の農業実践大学校

LINEで送る
Pocket

学生たちが育てた色とりどりのシクラメンが並ぶ花の直売所=原村の八ケ岳中央農業実践大学校

原村の八ケ岳中央農業実践大学校の花の直売所に、今季も冬を彩るシクラメンの花々が並んだ。赤やピンク、白、紫など約1万鉢、60種類が並び、愛好者の人気を集めている。11月2~4日には「シクラメンフェア」(午前9時30分~午後4時30分)を開く。

同大学校の花卉専攻の7人は毎日、花がら摘みや種取りなどを行い、大切に育ててきた。「シクラメンの魅力は種類の多さ。それぞれ個性的なので楽しんでほしい」と1年生の鈴木玲司さん(19)=富山県出身=。小笠原真子さん(18)=下諏訪町出身=は直売所を訪れたお客さんから育て方を聞かれることが多いといい、「室内の涼しくて日当 たりのよい場所で育ててほしい」と、栽培のポイントを話した。

直売所は12月下旬まで毎日営業。フェア期間中は肥料などのプレゼントもある。問い合わせは同大学校花の直売所(電話0266・74・2175)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP